大阪の料理教室 フォレストのブログ





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

タコキット :: 2009/08/25(Tue)

タコキット
タコキットという商品でタコスを作ってみました。
タコキットの中身は

・タコシーズニング
・タコソース
・タコシェル

の3種類の材料が入ってまして、
それ以外に牛ミンチ、トマト、レタス、チーズが必要です。
中身

作り方は簡単で牛ミンチを炒めタコシーズニングを加えれば
ほぼ完成。
あとは、トマト、レタス、チーズをトッピングすれば
出来上がりです。
ちょっとしたパーティに使えますよ。
タコス



スポンサーサイト
  1. 食材

ボージョレー・ヌーヴォーのおさらい :: 2007/11/20(Tue)

ボージョレー・ヌーヴォーのおさらいです。
37Beaujolais.jpg


場所
「ボージョレ」というのはフランスのブルゴーニュ地方最南端に位置する地区、
フランスの都市リオンから1時間ほどの郊外にある丘陵地です。
また、ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォーとはボージョレ地区の北部に位置し、
指定された39のヴィラージュ(村)から産出されたワインに適用される名称で
通常のボージョレ・ヌーヴォーよりワンランク上のワインとされています。
ボージョレ地区では、赤ワイン用のぶどう品種、ガメイを主に栽培しており、
赤ワインの生産がほとんどですが白ワイン、ロゼワインもほんの少し
(生産量の約1%くらい)生産しています。

品種
「ガメイ」という品種のブドウを使って作られます。
この「ガメイ」はいわゆる「早飲み用」の品種で、
基本的に収穫から2か月以内に飲むことが前提で
熟成用にはあまり適していません。

始まり
ヌーヴォーは、そもそも当地の農民が収穫を祝ったのが始まりとされる。
解禁日が設けられた理由は、ヌーヴォーがよく売れるということで
各メーカーがどこよりもいち早くヌーヴォーを出荷しようと
競い合っていたものがだんだんエスカレートしていき、
ついにはワインとして十分出来上がっていないにもかかわらず
ワインとして出回るようになってしまったから。
解禁日が設けられて以後、各メーカーはこの解禁日までに
ワインとしてきちんと作り込むこととなりました。

製法
一般的に、マセラシオン・カルボニック法という醸造技術で造られています。
大きな密閉タンクに、収穫した黒ぶどうを破砕せずに詰め、
二酸化炭素の注入して数日置く方法で、
フルーティで若いうちに楽しむことができます。

意義
毎年11月の第3木曜日に世界中で解禁されるボージョレの新酒です。
秋を感じる風物詩としてなくてはならないもので、
日付変更線の関係上、もっとも早く解禁日が来るのが、日本です。
ボジョレー・ヌーボーを飲むということは、
その年の新酒が出来あがったという「お祭り」の一環でしょう。
また、その年最初のワインを飲む、ということで、
ビンテージ(ブドウの収穫年)を占うこともできます。
最近では、2000年、2003年、2005年は日照時間が長く、暑い年だったんですが、
これらの年のヌーボーは、人気が非常に高かったらしく、
フランス全土で取り引きされるグランヴァン(高級ワイン)の価格も高いそうです。
ヌーボーがおいしいと、その年のワインもおいしいかもしれません。
今年のワインの出来と今年のフランスの気候に思いをはせて飲むとおもしろいです。

今年の出来
日照時間が長く暖かいと、ブドウはしっかりと熟して糖度が高くなり
味がふくらみ、後味もしっかりしたものになります。
逆に気候がよくないと、ブドウは青くて糖度もなく厚みもなく、
飲んだときの味わいの幅が狭くなってしまいます。
今年のボジョレー地方は、夏前に雨が降って寒かったんですが、
収穫直前に暖かく仕上げの段階の気候が非常によかっそうです。
輸入業者によると、「今年は欧州が冷夏だったこともあり全体的な収穫量は減ったが、
香りが非常に豊かで高品質な味わいに仕上がった」といってます。

飲み方
通常の赤ワインと違って、少し冷やして飲むとおいしいです。


ブログランキングに参加してます!
クリックしていただけると、ランキングがアップして励みになります。応援よろしく!
FC2 Blog Ranking


  1. 食材
  2. | comment:0

ディル :: 2007/11/18(Sun)

先週の料理教室では、ハーブのディルを使いました。
ディル(別名イノンド。イノンドの名はスペイン語のeneldoに由来)は、
ヨーロッパの地中海沿岸が原産のセリ科のハーブです。
サーモンのマリネや、ディルの葉をきざんでドレッシング、マヨネーズ、
バター、クリームチーズなどに入れて使うほか、
ピクルスと一緒に漬けたり、パンやクッキーに焼きこんだりします。
葉、茎、花、種、どの部分も使えます。
ディルには、さわやかな香りで神経を落ち着かせる効能があるそうで、
「ディル」という名前がスカンジナビア語(古代ノルウェー語)で
「和らげる、なだめる、穏やかにする」という意味の
「dilla」からきていて、名前からもその鎮静作用がうかがえます。
乾燥したものを枕に忍ばして眠りについたら、いい夢がみれるかも。zzz

37dill.jpg


ブログランキングに参加してます!
クリックしていただけると、ランキングがアップして励みになります。応援よろしく!
FC2 Blog Ranking




  1. 食材
  2. | comment:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。